おたくのひとりごと

自由気ままにぼやいています

このブログについて

 このブログは某舞台俳優と某若手声優を推しているオタクがオタク業を通して思ったことをぐだぐだ綴るブログです。

 

推しの名前、推しの公演は基本的に出しません。

・愚痴が多めですが全て個人的な意見なのでご了承ください。

・ブログ執筆時期によって言ってることが矛盾していることがあると思いますが考え方が変わったんだなと温かい目で見てください。

・コメントは承認制にしていますのでなにかあればコメントをどうぞ。

 

 ※ブログ用にツイッターアカウントを作成しました。

9(@Que_hb)さん | Twitter

Ask、お題箱も設置しました。なにかあればお気軽にどうぞ。

9 (@que_hb) —9さんのお題箱

Ask me anything | ASKfm

 

推しの名前は出しませんが身バレ、推しバレは特に気にしていませんので「もしかして推しってこの人か…?」と気付いてしまったらコメントやツイッター等で声掛けして答え合わせをしてみてください。

 

オタクの推し事スケジュール

超面白そうなものを見つけた。

foliage.hatenablog.com

自分の自堕落な生活を省みるためにもやってみよう。

書き方は引用先のブログ様のをそのまま真似させていただきます…!

 ①平日

起床~朝食~出勤

朝早いのでノンストップで準備。

合間にツイッター確認したりソシャゲのログボ受け取ったりを秒で済ませる。秒で。

通勤は車なので音楽かけるくらいしかできない。

勤務中

暇な時期と多忙な時期にムラがある。

暇な時期は勤務中に

ツイッターちらちら見る

はてブロのグループ巡回

はてブロ記事下書き

・遠征の予算計算   

とまあ仕事しろよって感じになりますが多忙期は何もできない。

休憩中(30分程度)

ごはん食べながらツイッター見たり某掲示板見たり

退勤後

早い時は18時くらいに家に着くけど遅い時は21時くらいになったりバラバラ。

・雑誌、漫画等発売日だったら帰り道に本屋で購入するが田舎のため青い袋のオタク御用達店舗はないのでたまに売ってないこともある。ちなみにCDやDVD売ってる店はない。ウケる。各種通販サイトさんお世話になってま~す(クリック連打する音)

・録画したアニメを消化しながらソシャゲ(作業系のもの)をする。あんスタはそんなに手元見なくても走れるようになりました(無駄なスキル)

・勤務中に下書きしたブログを読み直してから投稿ポチッ

・ニコ生はTSして安心しちゃうことが多いけどなるべくリアタイする。

・ラジオ等聞きながら家事

・風呂入りながらiPadで雑誌読んだり溜めてたソシャゲのストーリー読んだり。ちなみに推しキャラの感動系イベントのストーリーを風呂で見ると脱水症状になりそうになるから気をつけた方いいよ!(経験談

・寝る前にツイッターしたりゲームしたり。ツイッター大好きかよ。大好きです。ツイ廃歴は数えたくないです。

・朝早いので日付変わる前には寝ます。超良い子じゃん。

②イベント・舞台一週間前~前日

・当日の天気をチェックしてから服装をなんとなく考える。慌てて買ったりもする。

・ちまちまお手紙の下書きを書いて前日には清書

・宿泊遠征なら前日に荷造り。昼ごろの新幹線なら当日に荷造りしちゃう…そして色々忘れる…。

・前日はいつもより高価なスリーピングパックとかしちゃう。スキンケアは念入りに。(年齢が出るところ)

③当日

・イベント、舞台が終われば脳直でツイッターに感想を連投。フォロワーさんいつもうるさくしてすいません。

・移動のバスや新幹線でEvernoteやぷらいべったーに記憶の限り自分用レポ。数年くらいレポ書かない時期があったけどやっぱり読み返すと記憶が蘇ってくるので自分用のレポを書くのは好き。ただし自分の文章の書き方に時代を感じる時がつらいです。

ちなみに高校生の時の観劇レポが厨二拗らせまくった文章で吐血しそうでした。

④何も無い休日

・掃除、洗濯、料理。オタクだってちゃんと家事します。ちゃんと…?ちゃんと…うん…。

・溜めてるアニメ消化しながらソシャゲ(作業系)

音ゲー系ソシャゲをライフなくなるまでやる

推しの公演DVD観ながらソシャゲ(作業系)

推しの公演DVD流しながらツイッター

推しのラジオかけながらツイッター

推しのラジオかけながらオタク系以外の雑誌をiPadで読み漁る

・あとは街に行って(究極の田舎者感)美容院行ったりエステ行ったり服買ったり青い袋の店舗行ったり化粧品買ったり友人と飲みに行ってオタクしんどい話に華を咲かせる

・あとたまに昼寝して夜起きるとかやる(クズ)

⑤各メディア・コンテンツについて

ラジオ:推しくんラジオ出すぎ案件ですべて追うのがしんどいけど更新されたら聞くけどしんどい。

ニコ生:TSして安心しちゃうけどなるべくリアタイしようと思ってるけどやっぱ休日にまとめて見ちゃう(結局)

アニメ:深夜も夕方もリアタイは無理なので基本録画

ソシャゲ:「もうあんスタに課金しないガチャ回さないって宣言3回くらい聞いたんだけど」と色んな友人に言われますがつい先日もガチャ回しました。でも!課金は!もうやめたい!なんならソシャゲ全てやめたい。と言いつつ全然辞められる気配皆無。

コンシューマーゲーム:絶賛積み中。いい加減クリアしろよ自分。クリアしないのに新しいものが欲しくなる。最近ソシャゲに疲れすぎて格ゲーがしたい。ガチャもイベントもボーダーもない格ゲーがしたい。

歌系:キャラソン類は推しだろうが推しじゃなかろうが好きな作品のは基本網羅する。あとは好きなバンドのCDは狂ったように買います。たまにシャッフルで聞いてて、ゆるふわロリ系の曲からヘビィメタルとかになると温度差で死にそうになる。

シチュ・ドラマCD:学生の頃は死ぬほど好きだったが最近はめっきり買わなくなった。推しでも。とくにBLCDが駄目。あんなに狂うほど聞いてたのにな…。こんなに腐ってるのにな…。なんか最近顔出しする声優多すぎるのでそれでホモCD聞いちゃうとご本人がちらついてしまってどうしても聞けない。そんな私に救いの手をください。

雑誌:オタク系雑誌はたまに買うけどiPadで月額払って読めるものはそちらで読む。ファッション系や美容系も全てiPadで。

まとめ

とりあえずツイ廃すぎ。ツイッター大好き。

あと推しの出演DVDがもはや休日のBGM(?)になっている。もう何回見てんのって自分でも思うけどオタクあるあるですよね?

そしてソシャゲが多すぎて時間がない。休日くらいしかちゃんと触れない。イベントなんて走れるわけがない。走るけど。ソシャゲも抱えすぎると負担になるのでいくつか手放したい。

ゲームってもっと楽しいものじゃん…こんな苦しみながらやるものじゃないよ…格ゲーしたい…。

あと推しくん働きすぎだからな!追いきれないんだよ!推しのことならなんでも追いたいけどきつい。推しさんは舞台ないとツイッターもたまにしか呟かなくなるので定期的に生存確認したくなる。両極端かよ。

仕事が暇なときはツイッター見られるからいいけど多忙だと全然TL追えなくて推しさんのプリティーなツイートを見落とすことも多々ある。つらい。

そろそろ仕事が忙しくなりそうです。嫌です。

 

私は1人暮らしなので家事をしなきゃいけないので非常に面倒。誰かやってくんねぇかな(無理)

若くもないのでスキンケアとか美容にも時間とお金をかけねばならんのがしんどいところ。

これで家庭持ったりしたらどうなんだろって思うけどまあ今のところ家庭を持つ予定ないんでそんな心配する必要ないですね(笑うところ)

私は「ながら作業」をしがちなのでアニメとかもたまに見落とすときが多い。逆も然りでアニメに集中しちゃってソシャゲのタップミスとかもよくやる。どっちか一つずつやれよって感じだけど時間ないんだもん…。

基本的に耳と目と手、分離してできそうなことはすべて「ながら」でやる。ソシャゲもスマホiPadで同時に2つ進めるときもある。私は何に追われて生きてるんだ。ボーダーかな…。

私がもっと落ち着いた生活を送るには多分ソシャゲを捨てないといけないと思う。うーん、無理そう。

 

最近ブログのネタが無くなってきたのでネタ振り、質問等あれば気軽にポイポイしてくださると助かったりありがたかったり嬉しかったりします。

9さんのお題箱

9 (@que_hb) — 1 answer | ASKfm

イケメンかどうか

何度も言っている気がするけど推しさんは今をときめく若手俳優に比べるとイケメンな方ではない。

こないだ若手イケメン俳優推しの友人たちと話していてツイッター等での自撮りの話になった。

「この写真は盛れてる~」「これはちょっと盛れてない~」とか言うので「いやあんたらの推しはいつでも盛れてるでしょ!私の推しさんより!」と冗談で言ったら「あっ…ごめんね…そうだよね…」と言われた。

いや!!!!謝んなよ!!!!!冗談だって!!!!まじで哀れんだ目で見るなよ!!!!まじでいつも盛れてないみたいじゃん!!!まじ…まじか……

と思えば、別の友人から(私があまりにも推しさんはイケメンじゃないと言いまくってるせいか)「よくRTでビジュとか回ってくるの見るけど普通にかっこいいよね」とか言われて狂喜乱舞する。

最近の舞台俳優と言えばみんな顔面が綺麗。スタイルがいい。びっくりする。顔面が綺麗(二回言う)

みんなが夢中になるのもわかる。ガチ恋しちゃうのもわかる。

そんなみなさんに比べたら推しさんはイケメンとは言いにくいかもしれない。

じゃあタイプじゃないのかと言われたら「そこそこタイプ」です。

自分じゃ自覚なかったけどどうやら私はブス専とまでは行かないけど微妙なイケメンを好きになる傾向があるらしい(友人談)

それでも毎回どんな写真でも「かっこいい!」とは思わないから私のタイプって一体何なんだ自分がわからねぇ。

でもやっぱり推しさんの何が好きかって聞かれたら「顔」よりは「芝居」になる。顔がタイプじゃないわけじゃないのでビジュは絶望することはない。

が、しかし。

推しさんはここ何年も同じ制作会社の舞台にずっと出ている。いつもお世話になっております。今後も推しさんをどうぞよろしくお願いいたします。

プロデューサーともスタッフとも長年の付き合いなので気心の知れた方々だと思うし、制作サイドも推しさんのことをよく理解してくれていると思う。そのため毎回ドンピシャな衣装、ドンピシャなメイクをしてくれる。どんな役でも。

その度に「○○(制作会社)ありがと~~~~~~これからもよろしく~~~~~~!!!」と天に向かって叫ぶ(叫ばない)

たまにその会社以外の制作の舞台に出たりすると「あっ…そうじゃないんだよな…もうちょっとこう…そうじゃないんだよな…」となる。

でも、結局声優とかの「イケボ補正」と同じようなもので「芝居が好き!」「人柄が好き!」とか思うと強烈なフィルターがかかってイケメンに見えてくる。そういうもんだと思ってます。

現在私も推しさんの写メ(あまりないけど)見たりイベントとか見る度に「あっ服装だせぇな!」とか「おっ盛れてないぞ!」とか思うけどそれも含めて「かっこいい!かわいい!」と拗らせています。

だから他の俳優さん推しの方々に「言うほどイケメンじゃないよね」と言われても「知ってる!でも私の中じゃ最強にかっこいいよ!」と思う。

でもやっぱ顔面が綺麗な人たちって自分にも自信があるので自撮りをよくあげてくれるけど、推しさんは色んな面で自分に自信がない方なのでほとんど自撮りを撮らない。他の俳優さんたちの自撮りに紛れてるくらいだ…いつもおこぼれありがとうございます…。自撮りは…羨ましいなって…思う…。

でも舞台に行けば最強にかっこいい推しさんがたっぷり見れるからいいか!心のシャッター連射しとこ!

 

超どうでもいいですが、推しさんに対して拗らせすぎて舞台を見に行くと自分が蒸発しそうになるし推しさんの「おはよう」のみのツイートですら「早起きかわいい~~~~~~」と騒ぎ倒してる始末なのですが異常でしょうか。異常でしょうね。

推しさんが優しすぎるはなし

推し自慢じゃないです。愚痴です。

推しさんは優しい。接触イベントはほぼないし私も参加したことないから直接のファンへの対応はどうなのかは知らんが、とにかくファンへの対応が優しすぎる。

なにが優しいってリプだ。リプですよ。(二回言う)

基本的に推しさんはファンへのリプはしない。

しかし「今日誕生日なので~」というクレクレには全員リプをする。

もうずっと昔からそう。

「誕生日なのでリプください!」と言うと「誕生日おめでとう!」というような定型文を送っている。

律儀すぎて「誕生日なのでリプください」というワードに反応するbotかな?と思うレベル。

それこそ今年は毎月舞台があるというハードスケジュールの推しさん。そんなクレクレに対応する余裕なんてないはずなのに「遅れてごめんね」と一文を加えておめでとうリプ。

そこまでする必要があるのか…?

少々モヤッとしたけど「まあそんな律儀な推しさん好きだよウフフ」と思うことで負の感情を押し込めた。

しかし押し込められないほどの負の感情が溢れている今日この頃。

「娘が誕生日なので娘に一言ください!」

「誕生日なので○○(キャラ名)で一言ください!」

「誕生日なのですが最近仕事(学校)で悩んでて…アドバイスください」

「誕生日なので一言ください!いや二言…三言くらいください!(爆)」

 

おいおいおいおい願いが叶う魔法のワードだな「誕生日」って言葉はよぉ~~~~~!!!!!

 

何かで「俳優のアメブロはお金が入るので残業、入らないツイッターサビ残」っていうのを見て超納得したけど、俳優のツイッターって営業の場なんですよね。

だからこそツイッターでファンサというかファンに優しくするのはわかる。だって営業だもん。

それに甘えて自分の欲望を満たすためにあれこれ要求すんのはどうなんですか。

ちなみに推しさんはこれらにもすべて応えている。

キャラ指定されたら必ずそれの口調でリプ。(文字で伝えづらい役の場合はしっかり「あんまりそれっぽくならなくてごめんね」と一言を加える)

アドバイスくださいと言われたらツイ廃もびびるほどの長文でしっかり自分の経験等を織り交ぜたアドバイスリプ。

三言くださいと言われたらそれなりに長めのリプ。

優しすぎるでしょ。

そして私が腹立ったナンバーワンリプは「私は地方なので今まで舞台観に行ったことありませんが誕生日なのでリプください!」

出、出~~~~!みんなが嫌いな地方なので行けません奴~~~~~~!!!!

それに対して推しさんは「いつか舞台観に来てね!誕生日おめでとう!」みたいなリプ。

まあ…推しさんは一応ちょろっとアニメにも出演するのでそれで知って好きになった可能性もあるので舞台行ってないことに関しては頭ごなしにブチ切れられないけどでもやっぱそれ推しに直接言う必要あるか?????

それから推しさんは役者仲間の中でもいじられキャラだ。後輩からもよくいじられる。その流れに乗って(?)ファンも推しさんに対して「いじり」のリプを送る。

ファンが推しを(直接的に)いじるっていうこと自体どうなの?という感じだが、まあいじられキャラの人をファン同士の会話の中でいじるのはよくあることだし別にそれはいいんだけど。

「いじり」っていうか「普通に推し本人に直接すごい失礼なことを言う」っていう感じになっているのがすごく不愉快。

「いじる」っていうのは、その間に信頼関係があって成り立つものだと思うのだが、そこで「全く知らない人(ファン)」から急に暴言吐かれたらそれは「いじり」じゃなく「ただの暴言」だと思う。

 

一応推しさんがファンにリプを送るのは基本「誕生日」のみに限るが、たまに「受験合格したのでリプください」とかでもたまにリプを送る。

とりあえず「リプをくれる」のは確かなのでリプが来るようにあれこれ推しさんの気を引こうと色んなリプをしてみている気がする。それがエスカレートして「いじり」のつもりの「暴言」リプがあったりするのかな、とかも思う。

そして「誕生日」であれば確実にリプが来るのでこの際だからとあれこれ要望を押し付けている。

本当にクソだなと思う。

応援スタンスで「同担拒否じゃない」と言ったが結局同担にキレてんじゃんと思うが、そんな推しのことを考えず、ましてや推しに暴言吐くような人のことを「同担」だとは思えない。なのであの方々は同担じゃないです(極論)

私がそんな人たちのことを許せなくても推しさんが現に許しているのでなんともいえないしこんなクソみたいな人たちは減らないどころか増えると思う。

ツイッターは営業だし接触の対応だって優しくしなきゃっていうのもわかる。

わかるけど優しすぎない?

推しさんはいつも「こんな高いチケット払ってくれて…」とか「イベントにまで来てくれて…」とファンに感謝を述べる。それ故にファンに優しいのならもうほんとそういうとこ好きなんだけど(そうじゃない)だからと言って金払っていれば推しに対して好き勝手していいのかと首をかしげる

ツイッターとかネットの普及で推しとの距離感がアホになってるんですかね、みんな。よくわかんないです。私は推しさんのこと遠い遠い存在だと思ってるし暴言なんてもちろんのこと普通のリプだって送れない。手の届かない存在だと思ってるから。

それが正しい距離感なのかと言われたらそうじゃないと思うけど、少なくとも暴言はいたり誕生日を理由に推しにわがままを言うような人よりはマシだと思ってる。

推しにリプを送るなとは全然思わないけど、自分へのリプを要求したりするのは結局推しの「サービス残業時間」を長引かせているだけじゃないのだろうか。

自分が満足すりゃそれでいいのか?自分だってサービス残業時間が長引いたら会社潰れろって思うんじゃないの。

とにかく推しさんが優しい。優しすぎる。そういうとこが好きだけど、そういうとこがちょっと嫌。

それ以上に推しにわがまま言いまくって失礼なことばっか言う人達がもっと嫌。

推しくんのはなし


que-9.hatenablog.com

 昨日のブログとは正反対な推しくん(声優)のはなし。

私は推しくんを推すことをやめるかもしれない。と思ってきた。

炎上後火に油を注がない姿勢が好き~と思っていたらとうとう油を注ぎ出した。

個人的に俳優でも声優でもツイッターを始めて「ツイッターわかんない><これちゃんとできてますか?><」って言う奴は信用していない。そういう奴ほどツイ廃だと思っている。中にはそうじゃない人もいるだろうけど今のところそんな人は見たことがない。

推しくんも「(ツイッターとかの)SNSわかんない」発言をした。

推しくんの炎上の原因であった(元)彼女とのツーショ写真は推しくんの私用ツイッターから流れた疑惑があった。その上でこの発言って推しくんちょっと。

まあ本当に私用アカウントがあるかどうかは知らんが、少なくとも推しくんは自分のラジオの公式アカウントでたまに呟くが普通に使いこなしている。それでわからないってお前…なにかSNSについてやましいことがあるような発言じゃん…。

これだけだったらまだ「おばかさんめ~」くらいで終わり、降りる要因にはならないのだが、ここ最近の推しくんの態度がちょっとアレ。

もともと年上から好かれるような、可愛がられるようなタイプではあったけどそれに胡坐をかきすぎな傾向がある。その場を面白くしよう喜ばせようと努力している故なのだろうけど、さすがにそれはやりすぎだよ…とハラハラしてしまうことが多々ある。

そもそも、私は推しくんの全ての演技が好きという訳ではない。好きなときはものすごく好きだけど、そうじゃない時もある。だからこそ応援したいと思って推していた。今はまだ若手で完璧な演技ができるわけじゃないのは当たり前なのだから、その仕事に対する姿勢が好きだから、応援したいと思って推していた。

芝居に対する、仕事に対する姿勢が好きで、頑張って欲しくて応援していたのに、その好きだった部分が薄れてしまってきた気がする。

もうこれは潮時なのだろうか。とか言いつつイベントやライブに行く気満々だし、出演作もしっかり見ているしラジオ等もチェックしている自分がいる。

やっぱりなんだかんだ言って推しくんの今後を期待してるしもっと色んな役や芝居を見たいと思っている自分がいる。

でも~~~~最近の若手声優って全くイケメンじゃなくてもイケメン風味なグラビア撮りまくってアイドル風味なライブしてきゃーきゃー言われて勘違いしちゃってる残念若手声優多すぎじゃないですか~~~~~推しくんもそんな感じになってきているし~~~~まじで鏡見ろって思う~~~~~~~~~(突然の暴言)

アイドル風味イケメン風味なお仕事があるのはそれはそれでいいとして、本来の仕事である芝居をしっかりしてくれるならどうでもいい。そういうメディア露出も今や声優としての立派なお仕事だという時代の流れは理解してるつもりだけど、いにしえのオタクなので声優はやはり声で、芝居で勝負して何ぼだと思う。でも時代が時代なのでそんな声の仕事よりメディアの仕事の方が多い推しくん。そんな仕事だって推しくんの未来に繋がるってわかってるけど、複雑な気持ちにもなる。私が推してるのは声優の推しくんであって、アイドルとかタレントとかそういうのじゃないのに。

「上手くなった」とか言うとウワメセかよウザって煙たがられそうだけど偉そうな意味じゃなく、アニメで久しぶりに聞いた推しくんの声に「おっ!」と思わされて、やっぱりこれからが楽しみだなとワクワクするのに。同時にモヤモヤもしてしまう。

もう何回も言ってるけど頭お花畑なオタクになりたかった。「推しがかわいければそれでいい」タイプのオタクになりたかった。面倒なことを考えるオタクなんてつらいだけじゃん。

推しを幻滅したらきっと降りるだろうと思っていた。幻滅っていうか呆れてるんだけど。嫌なところがいっぱい見えてきた。それでも潔く降りられない。

今まで声優が好きでもここまでどっぷり浸かったことがなかったので幻滅したらそれまでだったけど、推しくんについてはどっぷりもどっぷりなのでもうどうすりゃいいのかわからない。

そして推しさん(俳優)の現場に行って癒され、どんどん推しくんが私の中から薄れていくのだろうか…とも思うけどやっぱり推しくんも好き。降りたらきっと金銭的にも精神的にも楽になる。けど降りられない。アホでもブスでも下手でも好きだもん。何で好きなのかわかんないけど。何が好きなのかわかんなくなってきたけど。

オタクはつらいなぁ。

推しさんのはなし

来年の推しさんの舞台の最速先行をポチポチしていたら合計金額がとんでもないことになった。

当たり前のようにクレカ決裁。当選されたらこの金額がクレカから引き落としされますっていつもどおり書いてあった。

これは…来月のクレカ請求額…心して待たねばな…(ゴクリ)

多分落選はしないでしょう。なぜそんな自信があるのか?察してください(震え声)

 

さて、今回は死ぬほど内容のないブログです。いつもか。

先日推しさんの出演するイベントに参加して来ました。およそ1時間のイベントに交通費ウン万かけて日帰り遠征するんだ~と前日オタク友達に言ったら「正気?」と言われました。え?正気だよね?ふ、普通だよね?何もトチ狂ったことじゃないよね?普通であってほしい。

お芝居をしない推しさんを見るのは久しぶりだった。

登壇してすぐ「なにその中学生みたいな服装~~~~~~~~!」と思わず笑顔になってしまった。それを含め最高にかわいかったです。

そしてそのイベントにてそのシリーズの新作が発表された。

推しさんは出ない。

推しさんはメインキャストだったが、推しさんは出ない。

続編が決まった嬉しさと、推しさんは出ないという悲しさが相まってよくわからない感情になった。

メインキャスト(というか皆勤賞)でありながらシリーズものの続編が決定しても推しさんが出ない、というものがこれで2つ目だ。

推しさんの来年のスケジュールが埋まっているの?それとも他のキャストのスケジュールが埋まっているの?推しさんは来年何をするの?

いや今年がおかしかったんだ。毎月舞台が入っていたという状況がおかしかった。そこにドラマの撮影やらアニメの仕事やらも入ってるなんて多忙すぎる。ゆっくり休んでほしい。

でも!推しさんが見たい!果てしない矛盾。

ていうか来年は何するの…とか言っても既に3つほど来年の舞台が決まっている。十分だろ、贅沢だろと自分でも思う。やはり今年がおかしかった。

来年になるまで推しさんの舞台を見れる機会はない。正直もう年末の気分だ。さよなら2017年。ようこそ2018年。

今年はお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします(早い)

ていうか推しさんに対してリアコとかガチ恋になってる訳じゃないけど拗らせてる気がする。現場を重ねるごとに拗らせてる。そして推しさんのことに必死になりすぎている気がする。推しに必死すぎて周りが見えてないオタクにはなりたくないと思ってはいるし、痛くなりたくないし、そう在るために気をつけてはいるけどこの気持ちは止められない(痛い)

 

とはいえ、そろそろ推しさんが出演するドラマが放送される。それの上映会イベントもあるそうだ。まあことごとく行けないんですけど(血涙)

はてブロのグループを見ていると、そのドラマの発端である作品を配信で見たよ!というブログがいくつかあって笑顔になりました。

たとえ私の推しさんがアウトオブ眼中でもあの作品は見て欲しい。イケメン勢ぞろいみたいな作品の中で推しさんはそのイケメン枠ではないけど(私の中じゃイケメン枠だけど)、あの時の推しさんのお芝居が好きだった。

 

最近ブログで推しを公表して推しステマしようという傾向があるみたいですね。わかります、私もステマしたい。私もここまで言ったらもう推しの名前出した方いいんじゃないのとか自分でも思いますがやはり名前出すのは控えます。分かる人だけに分かればいいかなっていう、そんな感じです。

以上とても内容のないブログでした。

何のための手紙か

推しさんのイベントが当たり、急遽遠征に行くことになったひゃっほーーーーーーーい

舞台以外の推しさんなんていつぶりだろう…なんか…緊張するな…緊張する意味がわかんないけど…

ということで、推しさんに手紙を書いていた。

私は手紙を書く時PCでダダダダッと文章を打ってから、申し訳程度の推敲をし清書をする。

さあ清書をしようと思った時、ふと某俳優のブログを思い出した。

「手紙は嬉しいけど、時にプレッシャーとなって苦しくなる」

その人は「あまりにも多くの手紙を読むと、その多さにびびってプレッシャーになっちゃう」という意味で言ったのだと思う。何も1人1人の手紙の内容がプレッシャーでしんどいと言いたいわけじゃないのはわかっているし、私の推しさんはその人に比べたら手紙の枚数も少ないことはわかっている(失礼)

別に気にしなくてもいいのだろうけど、気になってしまった。

数の多さがプレッシャーと感じるのもわかるけど、個人的には「でも実はその内容にもプレッシャーを感じることもあるんじゃないの…?」と思ってしまう。

誰目線だよみたいなダメ出しとか。逆に褒めすぎとか。

手紙でダメ出しをする度胸はないので書いたことはないが、よくあるのは「褒めすぎ」だと思う。

でもそもそも、結局手紙では「好意」を伝えるのが普通だと思う。ファンレターなんだし。だけど、「好意」を詰め込みすぎるとそれって読み手はどう思うんだろう…と不安になった。

私も実際、人前で演奏する経験があった。その時、アンケートや手紙で「ここがよかった」「ここが素敵だった」とめちゃくちゃ褒められたこともあればボコボコにダメ出しされたこともあった。

メンタルがヘボいのでダメ出しはへこんだけど納得できるしやっぱりなって思うし「これから頑張ろう…」とヘボいなりに今後のやる気に繋がった。

しかし褒められたことはすべて嬉しかったかというと、正直そうじゃなかった。自分の演奏に自信があって褒められたなら胸を撫で下ろすけど、自分じゃ納得いかなかったことが褒められたら「私は駄目だと思ったあれでいいの…?今までの練習は間違ってたのか…?」と今までの自分を否定されたように感じてぶっちゃけダメ出しされるよりへこむ。

あと自分の限界ギリギリの演奏を「よかったから今後はこういうのをやって!期待してる!」とか言われてしまうとそりゃもうプレッシャーだしどうすりゃいいんだよ…とも思う。

自分と推しさんは違うし、何より私がメンタルが雑魚なので比べられないと思うけど、でも推しさんもすべての褒め言葉は本当に嬉しいと思えているのだろうか…?と不安に思った。

私の手紙なんて要約すれば「ここもあそこも、それからここもかっこよかったです!全部かっこよかったです!」になるような気がするけど、どこもかしこもすべて褒められて本当に嬉しいんだろうか。

そしていつだかバラエティで「貰って嬉しい手紙の書き方」みたいなことをチラッと見た。

「定型文みたいなのは書くことなかったと感じる」とか「だらだら長い手紙はキモイ」とか。

なんか自分の文章は大丈夫なのか心配になってきた。

そりゃめちゃくちゃ文才があるわけじゃないし、乏しい語彙力をフル活用して書いているので表現が足りないところとかも色々あると思う。私が思っていることを100%推しさんに伝えられてはいないと思う。そして私の手紙で推しさんを喜ばせたいとかそういうおこがましい気持ちは全くない。

ただささやかながらこういうファンがこういう気持ちで舞台を見たよっていうことを報告したいだけなんだと思う。多分(曖昧)

そのただの報告でせめて、悲しい気持ちにさせたりとか落ち込ませたりとかはさせたくない。

最近になって手紙をよく書くようになったけど、何のために手紙書くのか、少し考えてしまった。

手紙は読み手がいるし、その読み手が推しなわけだし(本当に手紙が読まれているかどうかは置いといて)ただ自己満足な文章を押し付けるのは違うのではないかと思う。

うまく言えないけど、もっとこう、やっぱり丁寧に書くべきなんだろうなと思った。

推しに読んで貰うものを走り書きなんかでは書けない。

適切な表現で伝えたいからしっかりと推敲して言葉もしっかり選びたい。

手紙ってそういうものなんじゃないのかなぁ。

って思ったのでもう一度推敲します。というだけの話でした。