おたくのひとりごと

自由気ままにぼやいています

オタクとおしゃれ(と愚痴)

もともとやり口が好きじゃなかった某制作会社へとうとうキレてしまい、この調子でブログを書こうもんなら某制作会社への愚痴まみれになるしそれによって推しもバレるし(時間の問題)私の心の狭さもバレる(今更)と思ったので気分転換に別のことでも書こうかと。

 

ジャンルによってオタクの容姿というかおしゃれ度って違ってくるよなあ、と色んなジャンルに踏み込んでいるのでよく思う。
オタクに見えないキャリアウーマン的な人もいるし、オタサーの姫かよ的な人も、ザ・オタク的な人もギャル的な人もいる。
ファッションなどの好みは人それぞれなのでご自由にしていただきたいとは思うが、所謂ザ・オタクな人。あれはどうかと思ってる。
私の思っているザ・オタクというと「すっぴん・薄汚れた服・セットしてない髪」のコンボのこと。
正直言って、人前に出るのにそれは社会人としてマナー違反だろ、と思う。
しかもあろうことかそのコンボ決めた状態で推しのいる現場に行くってまじか?恥ずかしくないの?
私も某お渡し会で実際にザ・オタクコンボの連鎖を見かけてびっくりした。
普段こういう格好の人も推しに会いに来るときはさすがにおしゃれを頑張るのだろうと思っていたのだが、そうではないらしい。
好きな人の前でも頑張らないとなると、オタク活動に金かけすぎて自分に金をかけられない、ということになるのだろうか?
オタクは自由にオタクしていればいいと思うが、自分の生活、身だしなみを犠牲にしてまでオタクするのは理解できない。
おしゃれとまではいかなくとも、最低限の身だしなみはマナーでしょう。それすらできないのは本気でどうかと思う。

逆に、オタクに限らないが、学生で化粧しているのは許せない。
いやもちろん休みの日に遊びに行くのに化粧するのはお好きにどうぞ。
校則で化粧禁止なのにわざわざ化粧をして行く意味がわからない。
「学校にしていってもバレない!ナチュ盛りメイク!」とか完全に理解不能。
バレないなら化粧する意味ないじゃん…。バレたら怒られるとわかっていてなぜするのか…。
私も中学あたりからメイクに興味を持ったので興味持つことはすごくわかる。
私も休みの日はよくメイクしていたさ…でもな…正しい知識を持たないままメイクを楽しんじゃうとな…
大人になってから死ぬほど後悔するからな…(経験者談)
休日のみのメイクでも後悔してるのだから毎日学校にナチュ盛りモテかわメイク(笑)をしていたら…と思うとゾッとする。

私は2次元の美しい作画が好きだし舞台メイクばっちりの見目麗しい俳優が好きだ。
不思議なことに推したちはそこまでイケメンじゃないが(失礼)
毎日向き合う自分の顔だってなれるなら綺麗になりたいからメイクとかコスメとか学んだりしてるけど生まれ持ったものが残念なので非常に残念です。
まあでも一番は好きだからコスメとかにこだわりたいと思える。
好きなことは楽しいからね。

そう、観劇だって大好きだし楽しいはずなのに制作会社への不満でイライラして楽しめないなんて嫌だ。
イライラはするが何も見なかった、聞かなかったことにして純粋に舞台を楽しもう。
そんなこんなで明日は推しAさんの舞台を見に遠征行ってきます。
はーーーーー頼むからAさんあの会社の舞台から離れてくんねーかなーーーーーー(結局)