おたくのひとりごと

自由気ままにぼやいています

推しの舞台を観に行ってキレた話

あっという間にマチソワ2公演を観終わってしまった。つらい。

毎回そうだけど推しの舞台観た後は「もうやだ好き〜〜〜〜帰りたくない〜〜〜〜大千秋楽までここにいたいの〜〜〜〜やだやだ~〜〜〜〜」とバブになり泣く泣く帰りながらその道中で「はあ…まじ好き…推しは太陽だ…推しは最高だ…好き…」と語彙力のない生き物に成り果てる。

今回も例に漏れずその通りだったのだが初めて推しの舞台で(心の中で)キレた。

私が嫌いなことトップ3をコンプした観客が目の前にいたのだ。

 

  • 別作品を持ち込む

正直私もよく分かってなかったがキャストのファンサタイムみたいな?よくわからん不思議な時間があった。キャストも客に声かけたりするし、客もキャストに手振ったり声掛けてオッケーみたいな変な時間が。

その時に一人の俳優に「○○〜!」と全く関係のない別作品でその俳優がやっていた役名で声を掛けた馬鹿が目の前に。

俳優は「○○じゃないよ(笑)そいつに似てる?」と優しく対応。

俳優が優しく対応してくれたからっててめーの背後にいる私は許さねーからな。と念力を送った。

舞台に限らずアニメイベント等でも別作品を持ち込んでくる奴は残らず消失してほしい。

お前がその役、キャラが好きなのはわかったけど今はその作品じゃねーんだよ。別作品で別作品が好きアピールするってどんだけ失礼だと思ってんだ。

俳優も苦笑してんじゃねーか、困らせんな馬鹿!

  • 子供を使ってファンサを貰おうとする

その謎のファンサタイムの時、連れてきた自分の子供に「○○くんに手振って」と指示を出し、子供が言われるがままに手を振る。

そして子供に手を振り返す俳優。

「わぁ~○○くん、▲▲ちゃんに手振ってくれたよ!よかったねぇ~」

うるせーーー!!!よかったのはお前だろ母親!!!お前の自己満だろ!!!!!

もうどこにでもいる子供をファンサのために使う親。

アイドル現場でもどこにでもいる母親。まじで母親として大人としてオタクとして恥ずかしいと思ってほしい。

それにその時の舞台は私が思うに「完全に子供に見せたらやばい」作品だった。

どのくらいやばいかっていうと、私がここで細かくその舞台のレポを書こうもんなら3分の1が伏せ字になる。

終演後、友人と感想を言い合うときも人目を気にしながら「あの…アレのシーンのアレの役の…○○さんの台詞…よかったよね…アレだけど…」とか口に出すのも気を使う。

多分あの子供、あの舞台見てほぼ意味がわからなかったと思う。

そういう舞台だとわかっていて何故子供を連れてきたのか。ファンサ貰うためか?

舞台好きが高じて子供にも見せたい気持ちはわかるし、子供の面倒見なくてはならなくて…とか色々事情があったりするのはわかるが、せめて作品は選んでほしい。

その子供のためにも。

 

  • 上演中に喋る

嫌いもなにもマナー違反。ルール違反。

もうなんか上演中に喋る奴なんて帰り道で犬の糞踏んで鳥の糞にもぶち当たればいいと思うくらいに許せない。

しかも上演中に、自分の子供に対して「ほら、あれが○○くん。あれが●●くんだよ。●●くんは××って作品に出てた…」とか教えてる。

もうほんとうるせーよあんた!!!!そういうことしたいなら家でDVD見ながらやれ!

ロビーにて本公演のDVDの予約ができますのでそちらで予約をしていただいて帰って貰って結構です!!!ご来場ありがとうございました!!!!という気持ちだった。

 

 

以上、私の私の嫌いなことトップ3を見事コンプした人物の紹介でした。

せっかくの推しの舞台でこんなに嫌な気持ちになったのは初めてだった。

そのコンプした母親はマチネにしかいなかったのでソワレは心穏やかに観ることができたけど。

そしてマチネも途中から舞台の世界観にのめり込んで母親にイライラすることも忘れたくらい良い作品だったんだけど。

 とにかくあの子供は自分の母親を反面教師にして、違う誰かにちゃんとしたマナーを教わってほしい。

子供が可哀想だと思った。色んな意味で。

 

そして遠征から帰宅した私は完全にロス。

今すぐにでも劇場に行きたい。なんなら今後予定されてる舞台のチケットの枚数増やしちゃう??DVD買っちゃう??と、推しのためにお金が使いたくて仕方がない。お金ないのに(血涙)

あの子供には私のことも反面教師にして健やかに育ってほしい。

私のことなんて知らねーだろうが。

 

とにかく何が言いたかったかっていうと推しは最高だったということだ。以上。