おたくのひとりごと

自由気ままにぼやいています

俳優オタクにとっての2.5舞台・延長戦~お題箱返信~

お題箱に質問等くださりいつもありがとうございます。年末に来ていたものも絶賛下書き中なのですが諸々のタイミングを考えてこちらから返させていただきます。

9さんお久しぶりです!以前お題箱に投稿させていただいた同担です!
記事めちゃくちゃそれ!!!!!と思いながら読ませていただきました!推しさん本当どの役どの舞台にもストイックだしいつ観に行っても予想を超えたお芝居みせてくれるし最高ですよね!!!!
荒ぶりました…すいません。わたしも9さんと同意見で、2.5でもオリジナルでもどちらでもいいな、と思っています。ただ、出演の割合としてあまりにも2.5作品が多いと、推しの今後を心配してしまうのはあるかなぁと思います。2.5作品も若手俳優も業界的に飽和状態にみえるし、2.5作品にしか来ないファンしか獲得できていない状態(2.5作品にしか出ていないとそもそも判断できませんし)は、将来性考えて怖いなと思ってます。どの立場で物を言ってるんだ!と言われそうですが(笑)
2.5、オリジナル問わず、どんな作品かわからないけどこの人が出るなら、と観劇のハードルを飛び越えさせてくれる推しになってほしいなといつも思ってます。論点がずれていてごめんなさい!長文失礼しました!


同担さん!お久しぶりです!お題箱開いて沸きました!(?)
なんかもう全文スター付けたいくらいに一言一句漏れずに同意すぎて「あれ?私自分のお題箱にメッセ送ったっけ?」と混乱しました。これほど激しく同意できる同担さんに出会えたのは初めてで感動のあまり泣きそうです(\泣かないでー!/)(セルフ)

 

今回は同担さんへの壮大な私信「俳優オタクにとっての2.5舞台・延長戦」をテーマに書きたいと思います。

 

>推しさん本当どの役どの舞台にもストイックだしいつ観に行っても予想を超えたお芝居見せてくれるし最高ですよね!!!!

最高です。
もうほんと最高です。観劇したあと毎回「今回も推しが最高。いや、最の高。」としか言えなくなります。
配役発表の時点で「ぶっちゃけ今回の役は推しさんのイメージないな」とか「今までにない役だな」とか思っても観に行くと絶対期待以上、予想以上のお芝居を見せてくれて最高です。
生まれ持ったセンスもあるでしょうが何より推しさんが真剣に向き合ってストイックに努力しているからだろうなと思うと感謝と尊敬の気持ちが溢れます。
いや~~~~推しさん最高ですね!!!!(語彙がない)

 

>ただ、出演の割合としてあまりにも2.5作品が多いと、推しの今後を心配してしまうのはあるかなぁと思います。2.5作品も若手俳優も業界的に飽和状態にみえるし、2.5作品にしか来ないファンしか獲得できていない状態(2.5作品にしか出ていないとそもそも判断できませんし)は、将来性考えて怖いなと思ってます。

ええ~~~~びっくりした。びっくりするほど似たようなことを考えてました。
私は去年始めくらいまで2.5(原作もの)が続いてることから「推しさんの将来を考えるとオリジナルにも出て欲しいな」と思ってました。

何度も言いますが推しさんは若くない(disじゃないです)。2.5と言うとメインキャストは10代~20代半ばが主力だと思います。そこに若くない推しさんが放り込まれる可能性はあるのか?と思うと正直言ってあまり高くはないと思います。
2.5はほとんどの作品がダンスや殺陣、アクション等非常に体力を使う作品が多いので「若くない」というだけで少なからずハンデがあるのではないかと思ってしまいます。現在も推しさんは2.5に出演していますが、年齢的なことを考えてキャスト変更しないとは言い切れない現状にハラハラしています。でも推しさんは若くなくても(若くない言い過ぎ)毎回殺陣もアクションもダンスも元々運動神経に自信があるタイプじゃないのにしっかりこなしている。その洗練された動きにはいつも「努力」を感じるから好きなんですが。
それから推しさんが出演する2.5作品では毎回推しさんのビジュアルは比較的原作ファンからも好評だし私からも大好評なのですが、なんというか推しさんの本当の魅力はそこじゃないんだよなあと思ってしまうこともあります。
2.5だとどうしてもビジュアルから入ってしまうのは仕方ない。それが一種のPRみたいなとこもある。そしてそれが好評なのはとても良いことだしすごいことだと思います。でも、本当に見て欲しいのはそこではない。それ故に「2.5よりオリジナルに出て欲しい」と思ってしまっていました。
そして最近ずっと贔屓してくれる制作の作品のみにしか出演していないし(お察しください)共演者も結構限られているので新規ファンを獲得するのは難しいのかなとかそういう心配もあります。もっと色んなジャンルの色んなお仕事があれば色んな人の目に留まるのになぁ、そしたらきっと推しさんの魅力は伝わるのになぁ、とか思ってました。
とりあえず2.5という1つのジャンルに偏っているより色んなお仕事してほしい。そのためにも2.5だけでなくオリジナルに出て欲しい。できればいつもと違う制作のものがいい。と思っていました。

そして去年の夏、私の思いが届いたのか(ちがう)お得意様以外のオリジナル舞台に出演しました。(お察しください)もうめちゃくちゃ嬉しかったです。
しかし実際公演に通ったらガラガラ。私的には「人気者を集めた舞台」(お察しください)と思ったのでそれはもう客席もわんさか埋まってるだろうと思ったのにガラガラ。しかも夏休み期間だったのにガラガラ。ぼっちで通ってましたが毎回あちこちから「こんなにガラガラだなんて…」という声が聞こえて「やっぱそう思うよね」と思いました。
しかもチケットが売れなかったためか急遽?公演後のお見送りやアフタートークが開催されたり。(最初から企画されてたらすいません)あれを思うと、オリジナルの方が将来性あるとか、2.5よりもオリジナルの方がいいって本当か…?と疑問に思うようになりました。
そういう経済面や将来性についても、オリジナルか2.5、どちらがいいかなんてないんだと思います。どちらにもメリットがあって、どちらにもリスクがある。芸術や芸能なんてどれもそうかもしれませんが。

それから、色んなイベントやインタビュー等で推しさんの話を聞いていると推しさんは「自分にとってこの作品は得かどうか」なんて一切考えてないんです。そりゃそうだって思うかもしれないけど、普通仕事していれば自分に得な仕事を選びませんか。私だったらそうします。楽してお金欲しいもん!(そうじゃない)
他の俳優さんたちが損得で仕事選んでると言いたい訳じゃないです。多分他の俳優さんも推しさんと同じだと思います。だから「2.5の方が得か、オリジナルの方が将来性あるか」とか無駄に心配してるのはオタクだけなんですよね、きっと。
推しさんは「面白そう」と思ったら話を受けて、色んな作品に出演している。おかげで贔屓にしてくれる会社がある(お察しください)。
1つの制作の作品だけだから新規ファンが増えないとか嘆いたりもしましたが、それでも1つの会社が贔屓にしてくれる役者ってすごくないですか。スタッフ陣や制作陣からどんだけ信頼得てるんですか。すごい。こんなに役者が沢山いる中で制作の偉い人たちから「この人がいれば大丈夫」って思われてる推しさんすごくないですか。
それに2.5は厳しいだろうなと思う理由のひとつとして「若くない」と何度も言って来ましたが、今度の舞台で推しさんはなんでかわからないけど20代の若手たちの中に1人ねじ込まれていました。何か意図があるのかもしれないけど、これで「若くないから若い俳優の中に入るのは無理」と決めつけるのはよくないと学びました。若手の中に放り込まれちゃう推しさんすごい!いろんな可能性があるということですね!やったね!
そして前回の記事でも書きましたが、推しさん自身が楽しんでお芝居してくれればもうそれでいいです。楽しく稽古してそこで作り上げた作品を観ることができるなら、それだけで私は幸せです。
今度あるオリジナル舞台も最初はあまりにも意味不明すぎるし異質すぎたので「推しさんも乗り気じゃないのでは」と深読み妄想クソオタクを発揮してしまったのですが(猛省)推しさんが「すごく学べる現場だし、すごく楽しい」と言っていたのでもう何も不安に思わずただひたすら推しさんの素敵なお芝居を楽しみにしているところです。
何重もしてしまいましたが、だから「2.5だろうがオリジナルだろうがなんだろうがどうでもいい」と思っています。

 

>2.5、オリジナル問わず、どんな作品かわからないけどこの人が出るなら、と観劇のハードルを飛び越えさせてくれる推しになってほしいなといつも思ってます。

私の心の中を見透かされているのかと思いました。びっくりした。私も同じことを常々思っています。
観劇という趣味はほぼ博打みたいなもの。決して安くない代金を払って決して短くない時間を要しても、それが「良い作品」とは言い切れない。色んな作品が飽和している今、2.5も前情報や原作人気で観劇のハードルが下がると言えど「良い作品」とは保証できない。
そんな中で「この人が出演しているなら」と期待値を上げられるような、そんな役者さんであってほしい。
私にとって推しさんはずっとそうです。そりゃ推してるから当たり前だけど、推しさんはどんな作品だろうと真剣に全力で演じてくれる。だからどんな作品だろうと素敵なお芝居をしてくれるに違いない。そんな気持ちを、他担の方々とも共有したい、とおこがましいかもしれませんが思っています。
他担からしたら「自分の推しが一番」なのは当然ですが、その中でも「この人がいるなら更に期待できるな」と心の支えになるような、そんな存在であってほしい。それぞれの推しがいないくても観に来て!とは言いませんが、もしそれぞれの推しさんと私の推しさんが共演した際には、期待感を持って観に来てほしい。そう願っています。
何目線だよ!って感じですけどね!

 

私はよく色んな場面で「あー推しさん推してて良かったー幸せだなー」と思うのですが、今回のこのお題箱を見て本当にそう思いました。
推しさんを推していてこれほどまでに共感してくれる同担さんもいるんだなと嬉しくなりました。
そろそろ新年一発目の推しさんの舞台が始まりますね。もし現場で私の気配を察知したらその時はよろしくお願いします(?)

 

引き続き何かありましたらお気軽にどうぞ!

odaibako.net