おたくのひとりごと

自由気ままにぼやいています

遅すぎる1周年とお題箱返信

どうやら6月6日でこの「おたくのひとりごと」は開設1年を迎えたそうです(激☆今更)

推し事が落ち着いたので溜まったメールを整理してたら知りました。
記念日ガバガバ芸人の本領発揮してて流石すぎる。
ここを開設して1年も経つのか。と、1年しか経ってないのか。とどちらの気持ちもある気がします。

あっという間のようで充実した実りのある1年だった気がします…。
ここまで僕たちが怪我無く誰1人欠けることなくこの日を迎えられたのはスタッフのみなさん、応援してくださるみなさんのおかげです!!本当にありがとうございました!!!これからも応援よろしくお願いします!!!!!(どこからか聞こえる拍手)
千秋楽のカテコごっこは置いといて、1年経ち、読者数も気付いたら189人だって!やば!ちゃんとしたブログ書こ!*1*2*3

何はともあれ、こんな私のこんなブログではありますがどうぞ今後ともよろしくお願いします。

そんな1年記念の記事に(もう3週間くらい過ぎてるけど)ふさわしいような初心を思い出させてもらったこちらのお題箱に返信したいと思います。
遅くなって申し訳ないです…。

9さんこんちには。
私は最近、生活にときめきを感じられません。
9さんのブログを見ていると、推しさんがいてとてもときめきのある生活をされているようで羨ましくなります。
そこで私もときめくことができる新しい何かが欲しいと思っています。
9さんのブログを読むうちに、自分はイケメン好きだし、舞台俳優を好きになれたら楽しいのではと思うようになりました。
正直自分は舞台観劇は劇団四季くらいしかなく、舞台初心者です。
できれば、カッコいい、応援したいと思えるようなイケメン俳優に出会いたいのですが、いかんせんどの舞台を選ぶべきか悩んでいます。
また、2・5次元舞台って作品を知らなくてもハマることができるものでしょうか?
個人的に、衣装が素敵そうなので、某刀男子がたくさん出てくるの舞台観てみたいと思っているのですが、一切作品に関する知識がありません。
9さんは舞台初体験のときの話やきっかけ教えていただけたら嬉しいです。
すでに過去記事で書かれてたら申し訳ございません。

投稿ありがとうございます。

>推しさんがいてとてもときめきのある生活をされている
なんだろう…なんか…照れるな…(照れ)

1つずつ答えて行きたいと思います!YOSSYA!

>正直自分は舞台観劇は劇団四季くらいしかなく、舞台初心者です。
できれば、カッコいい、応援したいと思えるようなイケメン俳優に出会いたいのですが、いかんせんどの舞台を選ぶべきか悩んでいます。
また、2・5次元舞台って作品を知らなくてもハマることができるものでしょうか?

どの舞台を見ようか、馴染みがない、そもそも推しがいないという方は迷いますよね。
2.5次元舞台はここ数年で一つのジャンルとして確立されていますが、私は基本的にそれ以外の舞台となんら変わりはないような気がしています。小説等が原作の舞台なんて大昔から沢山ありますし、2.5次元はその原作が漫画やアニメ、ゲームであるというだけのことだと思います。だから2.5次元だから原作を知っていないとダメ、なんてことはないでしょう。
俳優オタクも2.5次元舞台がきっかけで原作を知り原作にハマるなんて人は大勢いますし、要は「その作品を自分が好きそうかどうか」だと思います。
バトルものが好き!とか和物が好き!とか洋風が好き!とか、色んな好みがあるかとは思いますが、とりあえずキャラビジュの雰囲気やあらすじを見て「これ好きそうかも」と思うものに行くのがいいと思います。
……と軽く言ったものの、実際見てみないと良い物かどうかわからない舞台に決して安くない金額のチケットを買い、更にはチケット激戦すぎて取るのも一苦労…みたいなこともあるのでなかなか難しいこともあるかもしれません…。まずは円盤とかライビュとか、やりやすいところから入るのもいいかもしれません。今は2.5作品などはネット配信されているものも多いですしね!

>個人的に、衣装が素敵そうなので、某刀男子がたくさん出てくるの舞台観てみたいと思っているのですが、一切作品に関する知識がありません。

最初は知識がない。それはそう。既に完成されている空気感に飛び込むのって勇気がいりますよね。
でもそれを乗り越えられるかどうかで推しに出会えるかそうでないかが変わると思いますよ!
某刀男子のアレはたしかに衣装もメイクも素敵ですね…いいな…(謎の羨望)

>9さんは舞台初体験のときの話やきっかけ教えていただけたら嬉しいです。

初体験か~*4*5
私は地方の田舎も田舎の民なので、最初は立派に元気な茶の間でした。
友人から「これまじ笑えるから見てみ」とネタとして見せられた動画、それが推しさんの出演している某ミュでした。
当時原作も「知っている」程度だったので普通にネタとして「なにこれwww」みたいな感じで楽しんでいました。
でも観て行くうちにいつのまにかネタとしてではなく、普通にドハマりしていたのです。
そしてこのミュの某公演に、ミュを教えてくれた友人と一緒に行き、生の舞台を初めて観ました。
その時の感動は今でも覚えています。円盤では観られないような、カメラアングル以外の部分も観ることができる(それはそう)
最初は「推し」という概念もわからず、とにかくみんな好き!みたいなDD野郎だったのですが、今の推しさんをいつのまにか目で追うようになっていました。
特に見た目がタイプな訳でも群を抜いて歌やダンスが上手いわけでもなく(disじゃないです)お芝居が上手かどうかは素人の私には判別できなかったし、なにがどう良かったのかわかりませんがとても推しさんに惹かれていました。
それが推しさんとの出会いでした…―――(いい感じのBGM)
そしてそれが恐ろしいことにもう(規制音)年も前の話……―――(不穏なBGM)

それから私はしばらく立派に元気な茶の間として基本的に円盤等で舞台を観るようになり、遠征ができるようになってからはホイホイ劇場に行くようになりました。
こんな感じですかね???
もともと私は舞台に興味なくてハマる気もさらさらなかったので、どこにきっかけが落ちているかわからないと思います。
彼氏とかもよく「彼氏を作ろうと無理に行動しているより流れに身を任せていた方がいい人に出会える」みたいなこと言うじゃないですか。それと同じようなものではないかなと思います。*6
無理に行動するのではなくて、楽な気持ちで「面白そうだから行ってみようかな」と行った舞台で運命の出会いがあるかもしれません。

投稿者様に素敵な出会いがありますように!!!!
投稿者様のおかげで、ブログ1周年というこの日に(3週間すぎてるけど)初心を振り返ることができました。
推し事で幸せ貰ったあとに初心を思い出すのもなんだか感慨深いというか、いいものですね。
定期的に初心を思い出したいです。
思いだそう~~~あの~~~日~~~~~♪(微妙に合わないピッチ)


本日もここまでお読み下さりありがとうございました!

☆更新通知等用ツイッターできたよ!

twitter.com


☆お題箱はこちら!

odaibako.net
どちらもお気軽にどうぞ。

*1:ちゃんとしたブログとは

*2:多分書かない

*3:書かないんかーーーーーい

*4:そこだけ抜き出すと誤解が生じそう

*5:わざわざ言うな

*6:流れに身を任せているのに彼氏できない私の話はやめてくれ(してない)