おたくのひとりごと

自由気ままにぼやいています

オタクは金が無い

前も同じようなエントリーを書いたのにまた書くってどういうことなのか。

そうです、金がないです。

que-9.hatenablog.com

 これに書いたとおり、これ以上節約できるところはない。

課金をなるべくしないように…と決めた直後推しイベが続々と発表されて死んでた(訳:課金しました)

そして、住んでいるアパートの管理会社が変わり、それにより諸々の手続きが変更になり、手続料が割りと笑えないくらい取られてブチ切れてるけど誰も悪い訳じゃない仕方のないことなので怒りのやり場に困ってる。

…とまあ、急遽出費が増えてしまい頭を抱えている。

そんな時、地元の友人たちと飲んだ。

全員それぞれ隣の国のアイドルオタクだったり、夢の国のオタクだったり、某アーティストのオタクだったり、ジャンルの違うオタクだ。

全員お互いのジャンルについては無知なのだが、全員口を揃えて言うことは「金がほしい」だった。

そして1人が恐る恐る言った。

「一般人は普通、貯金額が大体年収くらいらしいんだけど、みんなそのへんどうなの」

全員、俯いて黙った。

つまり、そういうことである…(震え声)

一般人に比べて我々オタクは死ぬほど金がないという現実に震えたが、ジャンルの違うオタク全員が同じ状況であることに、安心した(最低)

私はエクセルで5年後くらいまでの給料と最低限の出費を計算していると話したら「そんな細かく管理しててなんで貯金できないの?」と痛いところを突かれた。

そりゃあ推しイベが発表されたりライブや舞台の情報が出る度に貯金額をちょっとずつ減らしたり、予定していた金額以上にグッズを勢いで買っちゃうからだよ!!!!

いけない。このままではいけない。

すぐクレカ決済しちゃうの良くない。

私の毎月のクレカ決済額は多分、普通の人からしたら高いと思う。

カードの種類にもよるだろうけど、私は携帯代とガソリン代はクレカで支払うようにしている。ポイントを溜めるためだ。

とは言ってもそのポイントも別にたっぷり貰えるわけじゃないんだけど、溜まったポイントで日用品とか服とかを買って少しでもお金を浮かせれば…と思ってる。

でもポイント目当てであれこれ買ってしまったら本末転倒なのでそこは慎重に…してる…はず…。

酔っ払うとネットでポイポイカートに入れちゃうのどうにかしたいね。

やっぱり私が減らすべきなのは課金と勢いで買うグッズ代だ。

誘惑に負けるな…がんばれ自分…。

そしてクレカと言えば、リボ払いはマジで辞めたほうがいいと思う。

私も大学の時に初めてクレカを作り、何も分からないまま言われたとおりにリボ払いのカードを作った。

最初はいくら買い物しても月に定額引かれるだけなんて最高!と思っていたのだが、手数料+利息の恐ろしさを数ヶ月後に知ることになった…。

しばらくカードで買い物をしてなくても減らない残高。なんかもうこれ一生残高減らないんじゃないかって気がして超怖くなった。

就職してから残高分をまとめて支払ってリボ払いとはさよならをした。

もう二度とリボ払いなんてするかと思った。

でもまあ、リボ払いじゃなくてもクレカは怖い。

現金で支払ってる感覚がないからホイホイ使ってしまう。怖い。

翌月になるといつも「先月の自分まじ殴りたい」と思う。怖い。

とりあえずカードの利用は計画的にってことです。

 

そして余談ですが、ジャンルの違うオタクたちと話していて何がすごかったかって、みんなそれぞれ自分の好きなジャンルについてを語っているはずだし、みんなお互いのジャンルについて無知なのになぜか話が通じてしまう。

「同担が嫌いでさぁ」『わかる~』

推しのレート高すぎてしんどい」『わかる~』

「CD1枚○○○円で特典付きって実質無料じゃない?」『わかる~』

最終的に「ジャニオタはかわいいけどアニオタはブスできもいとか、アイドルオタは現実見てないけどDオタは健全とかマウント張っても結局全員オタクだから全員キモイね」ということで話がまとまった。

「オタク」と名のつくものはみんなキモイね。知ってます。

私も漏れなくキモイです。

現在推しの現場後で推しへの愛を死ぬほど拗らせて言語レベルが0になって情緒不安定になるほどにキモイ。

次の現場まで必死に生きようと思います。